イワボタン 「岩牡丹」
別名 ミヤマネコノメソウ
太平洋岸の山地谷沿いの湿地に生える多年草。根生葉には画像のとおり、中央薄くではあるが柄を有しているのが分かる。葉は無毛で対生し、鋸歯は波打つように内側に少し巻いている。上部の苞と萼裂片は雄しべとともに、開くように斜めに直立した形で突き出ている。色は黄緑色で。雄しべは4〜8個。葯は黄色。花期は普通4月であるが、大磯丘陵では3月の半ば頃から見られる。
分布は、本州(関東地方以西の太平洋岸)。
画像をクリックすると大きく表示されます
撮影機種 デジタルカメラ
2007 3 17 撮影 撮影者 松下弓子
2007 3 17 撮影 撮影者 松下弓子
UP
2007 3 17 撮影 撮影者 松下弓子
2007 3 19 撮影
2004 3 19 撮影

植物群の目次 植物群の索引 TOPページに戻る