マルバハギ 「丸葉萩」
山地、丘陵地の林縁などに生える落葉低木で、撮影エリア内でも分布している。高さは2メートル前後になり、葉は3出複葉。名のとおり小葉の先が丸く枝は枝垂(しだ)れず、葉より短い総状花序を出し、紅紫色の蝶形花を蜜につける。花期8〜9月。
なお、同属の
キハギは木本の特徴がはっきりしていて、花は黄白色に紅紫色が混じる。
和名は、円葉ハギの意味から。

分布は、本州、四国、九州。
画像をクリックすると大きく表示されます
撮影機種 デジタルカメラ
2001 9 8 撮影
2001 9 8 撮影
UP
2002 9 13 撮影

植物群の目次 植物群の索引 TOPページに戻る